JP
CN EN

質量と 技術開発

科学研究する設備

音響学実験室

Acoustic laboratory

音響学実験室

 

再昇科技会社の音響学実験室は、ドイツの会社からデザインし、デンマークのBruel&Kjaer Sound & Vibration Measurement A / S音響学テストを使って、厳しいアメリカ実験材料協会(略称「ASTM」)の基準で建てる。音響学の実験室には主に二つ防音セット、制御室、設備室で構成し、600平方メートルの敷地には、航空レベルの防音断熱ガラス繊維の防音性能を測定することができる。

FFU&フィルター 総合性能テスト系統

FFU & FILTER COMPREHENSIVE PERFORMANCE TEST SYSTEM

FFU&フィルター 総合性能テスト系統

 

FFU&フィルター 総合性能テスト系統は弊社と上海同済大学が共同開発したもので中国フリーザ業界基準CRAA432-200Xとヨーロッパ基準EN779-20-02の要求に満たす。厳格にISO16890とJG/T388-2012に基づいて設計し制作した。さらに、粒状物を浄化する効率によってフィルターのグレードを決める。実験に大気塵も代わりに人工的なエアゾールを採用され、結果の比較可能性と重複性に優れた特徴がある。容塵のテストが行われ、テストされるフィルターが異なる容塵レベルの計算効率の加重平均によって分級するため、テストをする方法がより科学性を含む。ASHRAE52.1、ASHRAE52.2とEN779の基準でテストすることも可能です

ALF-114エアフィルターテスト系統

ALF-114 AIR FILTER TEST SYSTEM

ALF-114エアフィルターテスト系統

 

ALF-114エアフィルターテスト系統は、EN-779、ASHRAE52.2及びISO 16890の要求や基準に基づいてドイツの会社で設計開発された。エアフィルターをテストパイプに入れ、粉塵やエアゾールをそれに通過させることで精密な計算と分析によりエアフィルターのフィルター効率や容塵量や抗力曲線などの指標を得られる。

騒音テスト室

NOISE TEST ROOM

騒音テスト室

 

騒音テスト室に、GB/ T388 -2012「风机过滤器机组」およびGB9068- 1988と「采暖通风与空气调节设备噪声声功率级的测定 工程法」中華人民共和国の法律に基づいて完成し、風速、パワー、騒音、振动、電流、電圧、高調波、パワー因子など精密に测定できる。

多通試験台

MULTI-PASS TEST STAND

多通試験台

 

多通試験台は、ISOさ19438、ISO 4548-12、ISOと16889規格によってドイツの会社が開発した設備で、油圧フィルターの性能を測定するのに用いられている。試験台にオンライン粒子統計法で評価する。実際の濾過精度に対して、フィルター面積の集塵量を検出し、フィルターエレメントのデザインにデータを提供します。フェルターで単位面積の流量と圧力の関係を検出して、軽い流量の油圧フィルター及び圧力流量特性性能実験である。

TSIスキャン計数法フィルター検知台

TSI3160 SCANNING AND COUNTING TEST STATION

TSI3160スキャン計数法フィルター検知台

 

TSI3160というスキャン計数法フィルター検知台は、アメリカが効率的、超効率的なエアフィルターの自動的な検知によってデザインした最先端の機械だ。最大99.999999%のフィルター効率を測れる。静電気分級器が発する単分散エアロゾル粒子(12種異なる粒度サブマイクロ粒状物、粒径範囲15nm-800nm)を用い、同一なフィルター材料にテストをする。ダブル凝縮粒子計数器でツーウェイの気流の濃度を測定した。3160は産品の開発と持続的な質量のコントロールの中で衡量しにくいフィルターのデータを提供され、フィルター材料に貫く最大な粒子のサイズ(MPPS)を測れる。そこで、フィルター効率と粒度の相関曲線を提供できる。この粒状物のMPPSと効率はフィルターの材料の臨界参数として述べられる。